ボランティア協力

a2network株式会社 ×
特定非営利活動法人
ジャパン・プラットフォーム

国内外の自然災害による被災者、 紛争による難民・国内避難民に、迅速かつ効果的に日本からの支援をしている、
ジャパン・プラットフォームと協力しています。
弊社は「スカイベリーWiFi」を無償で貸し出しすることで、通信問題を解消し、現地で活動をする団体を支援しています。
ジャパン・プラットフォーム ホームページ: https://www.japanplatform.org/

ウクライナ人道危機支援

2022年4月
ウクライナ周辺国(ルーマニア、ポーランド)において、
現地情勢、被災状況、支援要件の調査を実施する為の渡航にスカイベリーWiFiを活用いただきました。

【現地でのスカイベリーWiFiの活用】
  • 移動時にスマートフォンで地図を確認
  • 訪問先で情報がQRコードで示されていたりすることが多く、情報読み込みに利用
  • 撮影した写真を移動中にアップロードすることができ、時間を有効活用できた
  • WEB会議など、現地と日本の情報共有に利用

スカイベリーがあることで、移動中にできることが増え支援活動の幅が広がったことや、
複数台での接続も可能で、快適に通信できましたと団体スタッフからのお声をいただきました。

人と人が協力する大切さを考えることが多い昨今、
a2networkは「繋ぐ、繋がる」ことを大切に持続可能な社会づくりへの貢献を続けて行きます。

a2networkの
SDGs貢献に向けた取り組み